お知らせ 利用規約及びプライバシーポリシーを改訂いたしました。こちらこちらから内容をご確認ください。

お知らせ FacebookAPIの仕様変更により、ユーザプロフィールのFacebookリンクが廃止されました。ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

1月

20

高知シビックテックハッカソン

データとテクノロジーで地域を暮らしやすくするには?

主催 : アーバンデータチャレンジ2017高知ブロック実行委員会

ハッシュタグ :#UDC2017
募集内容

一般参加

無料

先着順
2/20

イベントの説明

日々の暮らしで感じるお悩みや困りごとから地域の課題をとらえ、ITやデータで課題の見える化や解決をはかるためのアイデア出しと開発を行うイベントです。データ活用の全国コンテスト「アーバンデータチャレンジ2017」(以下、UDC2017)に、高知ブロックから応募したアイデアをもとに、そのブラッシュアップやアプリ開発に挑みます。

それ以外のお題の持ち込みや、UDC2017に他地域や個人でエントリーをした方で、締切直前の追い込みをかけたい参加も大歓迎!初日のみor2日目のみなどの部分参加も歓迎いたします。

日時

2018年1月20日(土)10:00-21日(日)18:00(途中参加歓迎)

会場

高知市内で調整中

定員

20名
※申込締切:2018年1月19日(金)
※締切以降にお申し込みご希望の方はご相談ください。
※connpass以外からの申込多数の場合は早期締切の場合もありますのでご了承ください。

参加費

無料(2日目 ミートアップ参加費別途1,000円程度)

主催・協力

主催:アーバンデータチャレンジ2017高知ブロック実行委員会
協力:高知大学 須藤順研究室、エイチタス株式会社

プログラム(予定)

1月20日(土)
10:00-10:10 開会メッセージ・趣旨説明
10:10-10:30 テーマ紹介(UDC高知ブロック)
10:30-12:00 ショートアイデアソン
13:00-18:00 作品制作(アイデアブラッシュアップ&ハッカソン)
1月21日(日)
10:00-10:30 ショートセッション「地域課題と自分事、そしてIT」(仮)
10:30-16:00 作品制作
16:00-16:30 成果発表&コメントタイム
16:30-18:00 ミートアップ

参加対象者

・地域課題の解決に関心のある方
・ITやデータの活用に関心のある方
・オープンデータの利活用に関心のある方
・地域の活動に携わっている自治体職員の方
・UDC2017に作品応募予定の方(全国問わず歓迎します)
・その他、本イベントに関心のある方

ファシリテーター

原 亮(はら りょう)
エイチタス株式会社 代表取締役
編集者を経て、2004年に仙台でITベンチャーに参画。その後、フリーランスに転じ、2016年、エイチタス株式会社を設立、代表取締役に就任。「共創」をテーマに掲げ、地域で自走する人や組織、社会を作るための活動を展開している。近年は、アイデア創発の場づくりとして、アイデアソン・ハッカソンの開催を全国で幅広くサポート。地域での課題解決から企業の新規商品企画まで、あらゆるテーマを扱っている。著書に「アイデアソン!」(2016年/徳間書店)など。

【アーバンデータチャレンジ2017(UDC2017)について】

地域課題の解決を目的に、地方自治体を中心とする公共データを活用した年間のイベント開催を伴う一般参加型コンテストです。2017年度は40の地域拠点(都道府県ブロック・予定)を活動の核としながら、地理空間情報の流通や利活用を日本各地でさらに促進する予定です。高知ブロックは今回の開催で初の参加となります。
※参照サイト⇒ http://urbandata-challenge.jp/

【UDC2017高知ブロックからのエントリー作品について】

高知ブロックでは、2017年9月に高知市内で開催したアイデアソンで出たアイデアをもとに、以下の5つの作品アイデアをエントリーしています。本イベントご参加のみなさまには、こちらの各作品のアイデアのブラッシュアップやデータ作成、アプリ開発にチームの一員としてお入りいただきます。
※(  )内の部門はエントリー時のもので、ハッカソン当日のチーム編成により変更可です。
※他地域からのエントリーの応募作品の持ち込みや、UDC2017にエントリーされていない課題にチャレンジしたい方も歓迎いたします。

No. テーマタイトル 部門 概要
1 詳細トイレデータ データ部門 トイレ設置の有無の情報だけではなく、利用者の課題や欲求に沿った詳細なニーズを項目化し、実際の利用に資するトイレ情報のデータセットの作成にトライします。
2 タバコ臭防衛マップ アプリケーション部門 嫌煙は煙よりも場所に染み付いたタバコの匂いの有無がポイントとなるため、喫煙可の場所を可視化することで、タバコの匂いから身を守るためのマップの作成にトライします。
3 空き状況発信デバイス アプリケーション部門 店舗、病院、駐車場など、空き状況の把握にニーズがあるあらゆる施設を対象に設置。当該施設の空き状況をオープンデータとして生成、発信してくれるデバイスのプロトタイピングにトライします。
4 駐車場オンタイム アクティビティ部門 駐車場に的確に駐車できないことで発生する時間や金銭のロス、駐車までの移動で生まれる道路の混雑をなくすための駐車情報を整備と活用を促進する活動を起こすことを試みます。
5 乳幼児安心おでかけ情報 アクティビティ部門 乳幼児を連れての外出先で必要な情報を、子育てママ・パパとともに検討する場をつくり、彼らとともに情報の収集、発信を行う活動を起こすことを試みます。

資料 資料をもっと見る/編集する

資料が投稿されると、最新の3件が表示されます。

フィード

hararyo

hararyo さんが 高知シビックテックハッカソン を公開しました。

2018/01/05 19:43

高知シビックテックハッカソン を公開しました!

グループ

シビックテック高知

イベント数 1回

メンバー数 3人

終了

2018/01/20(土)

10:00
2018/01/21(日) 18:00

募集期間
2018/01/05(金) 19:43 〜
2018/01/21(日) 18:00

会場

(場所未定)

管理者

参加者(2人)

AkihiroMotoki

AkihiroMotoki

高知シビックテックハッカソン に参加を申し込みました!

AndoMitsuaki

AndoMitsuaki

高知シビックテックハッカソン に参加を申し込みました!

参加者一覧(2人)